葵整体院の日記

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

ノートパソコンを買い換え

52 views

2011年にマウスコンピューター製のノートPCを16万円ぐらいで購入したものの、バッテリーの膨張、冷却ファンの唸り音、4年半経ったところで、マザーボードが壊れ修理不能に。
2015年にDell製のノートPCを10万円ぐらいで購入したものの、3年半でメインメモリーが壊れ、5年でキーボード入力が一部出来ない状態に。
2020年に同じくDell製のノートPCを11万円ぐらいで購入したものの、購入当初からたまに画面がブレて表示されていたが、2年経過した今は、毎日何度も画面がブレて表示されるだけでなく、真っ暗な表示なり、何度も再起動をかける状態に。
パソコンって、こんなに壊れたかなという感じです。

Dellは、コスパが最も高い製品を出していると思いますが、2台続けて故障が続くと、品質に問題がありそうで、今度は、HP製のノートPCにしました。
国内メーカーのPCは、不要なソフトがたくさんインストールされて販売されているので、最初から外しました。
以前は、負荷がかかる作業をしていたこともあって、外部グラフィックスチップがある機種で、かつ、CPUはインテルのCore i7を選択していましたが、前回、ドライブにHDDではなくSSDを使ってみて、CPUはCore i5で十分、内蔵グラフィックスも性能が上がってきているので不要なのでは?と気付きました(それほど、HDDとSSDの違いは大きい)。
ということで、CPUはAMD Ryzen5(インテル Core i5相当)で、かつ内蔵グラフィックスのみのスタンダードPCということで、8万円で済みました。

画面サイズは17インチから15インチへの小さくしたので、コンパクトに。

が、しかし・・・
新しいパソコンに、adobe photoshop elementsをインストールした際、突然、再起動途中で動かなくなりました。
今回のパソコンのCPUは、インテル製ではなくAMD製で、adobe製品と相性が悪いという噂は見かけたのですが( ̄。 ̄;)

強制終了させて、再起動させても、毎度、メーカーロゴが表示された状態で動作が止まってしまい、何をすればよいのかまったくわからないので、やむなく、サポートに電話。
Dell製とは違い、HP製は、自動的にセーフモードでは立ち上がらないようで、手間掛けて、セーフモードで立ち上げることができました。
ここは、不満を感じたところです。
ただ、Dellは、Dell SupportAssistというメンテナンスプログラムがサポートしてくれるわけですが、このソフトが結構、Windowsのアップデートパッチと喧嘩することが多く、様々な問題を起こしてくれるので、こっちの方がマシなのかもしれません。Windows起動時にCPU稼働率100%でしばらくPCが使い物にならないとか、Dell SupportAssistのアップデートを強制させられるもアップデートできずDell SupportAssistがまったく使えないとか・・・

HPのサポートにしたがって、あれこれやりましたが、最終的には、パソコンに残っていた昨日時点の復元ポイントを使って、回復させました。

セーフモードではphotoshop elementsをアンインストールできなかったので、adobe製品をインストールする時は、インストール前に復元ポイントを作成しておいたほうが良いかもしれません。
トラブったおかげで、パソコンの特殊な使い方をいろいろ覚えました。

OSが起動する前に実行されるプログラムが、Dellと比べてかなり充実していましたが、サポートなしでは使いこなせないかもしれません。
でも、サポートの質は高かったです。
電話でのサポートはどちらも日本語が話せる外国人の方でしたが、Dellの方は的外れな回答が返ってきたりして大変でしたが、HPではスムーズに行きました。


愛知県豊川市の葵整体院
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00
【LINE予約】24時間受付、友だち追加してメッセージ送信
友だち追加
友だち追加して頂くと、もれなく割引クーポンがもらえます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0533-83-1680